製菓衛生師の資格取得ガイド

製菓衛生師の資格取得ガイド > 通信教育で製菓衛生師について学ぶ

通信教育で製菓衛生師について学ぶ

製菓衛生師は、通信教育でも学ぶことができます。

この資格は国家資格で、資格を取得するには国家試験に合格しなければなりません。

そして、国家試験を受験するには受験資格を満たしていなければならず、この受験資格を満たすために専門学校へ通う方を多く見かけます。

製菓衛生師の受験資格は、

  • 指定の製菓衛生師養成施設で1年以上勉強し、技能などを修得したもの
  • 中学校、外国人学校中等部卒業者で、2年以上菓子に関する実務経験をした者

このどちらかを満たすと、受験資格を与えてもらえます。

通信教育でこの資格について学ぶ方は、技能部分を学校で、知識部分を通信教育で学ぼうとするようです。

通信教育は自分の都合に合わせて学ぶことができるので、学校へ通いながら、あるいは働きながらでも、資格取得を目指すことができるでしょう。

そうして最短で1年学ぶと、資格を取得することができます。

1年間技術を専門学校で学び、卒業して社会人となってから通信教育で資格を取ることもできるでしょう。

ただ、製菓衛生師は技術を学んでいないと取得することができないので、通信教育のみで受験資格を満たすことは難しいと思います。

中学卒業後、2年間お菓子作りの現場で働くことでも受験資格を満たすことができるので、お菓子の現場で働いている方は、通信教育で知識を習得し、資格取得を目指してみるのも良いのではないでしょうか。