製菓衛生師の資格取得ガイド

製菓衛生師の資格取得ガイド > 製菓衛生師とは

製菓衛生師とは

製菓衛生師とは、製菓衛生師法に基づいて、安心して食べることのできる食品を作れる方のことです。

また、製菓衛生師になるには、資格を取得しなければなりません。

製菓衛生師の資格は国家資格で、試験に合格し、都道府県の名簿に登録されると、製菓衛生師として活躍することができます。

ただ、資格を取得していなくても、お菓子を作ることはできますし、食品を扱うことはできます。

資格を持っていなくても、アルバイトでお菓子を作っていたことのある方もいるでしょう。

ですから、無資格でも食品を扱うことができ、お菓子を作ることもできるのですが、資格を取得しておいたほうが、安心できるお菓子が作ることができると認められるので、資格を取得しようと考える方が多いのです。

また、製菓衛生師の資格は国家資格の中でも、難易度が比較的低いので、チャレンジする方が多いのだとか。

国家資格の中には医師免許や看護師免許、学校の教員免許がありますが、ほとんどの国家資格は4年制大学、もしくは短大を卒業することにより受験資格を得られます。

これに対し、製菓衛生師の資格は、養成施設で1年以上勉強した方や、義務教育終了後、2年以上お菓子に関する実務を経験していると、受験資格を取得することができます。

ですから、お菓子を作るような現場にいるご年配のパートの方々の中にも、製菓衛生師の資格取得にチャレンジする方がいるようです。