製菓衛生師の資格取得ガイド

製菓衛生師の資格取得ガイド > 資格取得の難易度

製菓衛生師の資格取得の難易度

製菓衛生師の難易度が気になる方もいるでしょう。

製菓衛生師は国家資格なので、難しくて難しくて自分では合格できないのではないか、と気おくれする方も多いようです。

ただ、製菓衛生師にしても、他の資格にしても、簡単に取得できる資格はありません。

どの資格にもそれなりの専門知識が求められるので、勉強しないで取得できる資格なんて始めからないのです。

ですから、製菓衛生師の資格を取得しようと考えたら、合格するために、勉強する必要があります。

そして、試験に合格する前に、受験資格を満たしている必要があります。

どんなに猛勉強しても、受験資格を満たしていなければ、試験を受けることさえできないので、注意してください。

製菓衛生師の受験資格は、養成機関へ1年以上通うこと、もしくはお菓子に関する業務に2年以上就いていること。

どちらかを満たしていれば、受験をすることができます。

国家資格のほとんどが4年制大学や短大などへ通わないと受験資格が得られないのに比べれば、製菓衛生師は比較的、受験資格を満たしやすいかもしれません。

現在、パートやアルバイトとして2年以上、ケーキショップなどで働いていれば、受験資格を満たしていると考えられるでしょう。