製菓衛生師の資格取得ガイド

製菓衛生師の資格取得ガイド > 受験資格

製菓衛生師の受験資格

製菓衛生師の資格を取得するためには、試験に合格しなければなりません。

そして、その試験を受けるためには、受験資格を満たしている必要があります。

受験資格は、養成機関に1年以上通うか、もしくは義務教育後にお菓子作りに関する業務に2年以上携わると満たすことができます。

ですから、中学卒業後、パートやアルバイトとして2年以上ケーキショップなどで働いている方などは、この資格に注目すると良いのではないでしょうか。

もしかしたら、知らないうちに受験資格を満たしているかもしれません。

この資格は国家資格で、地方自治体の名簿に登録することで、「製菓衛生師」の名称が使えるようになります。

ただ、この資格を取得しなくても、お菓子作りに携わることはできます。

それなのにも関わらず、この資格がなぜ注目を集めているのかは、食の安全が叫ばれる現代だからでしょう。

この資格を取得すると、安心できる食品が製造できる方として認められることになります。

安心して食品が製造できる人として認められれば、お客様からの信頼は厚くなるでしょう。

ですから、将来、お菓子作りに携わりたいと考えている方は、この資格を取得すると良いのではないでしょうか。

製菓衛生師の資格を取得して、お客様が安心して食べられる美味しい人気のお菓子をぜひ提供してください。